カテゴリ:太陽光



もともと学生時代に環境対策について研究をしていたというOさん。 就職した企業も企業をあげて環境対策の取り組みを促進しているようで、Oさん自身も個人的に環境対策の取り組みをしたいと6年前のリフォームをきっかけに太陽光発電とオール電化を導入いただきました。 そして今回は、蓄電池のご要望を頂いたため、ご自身やご家族の皆さんのエコな取り組みをお聞きできたらと思いお話をお伺いさせていただきました。 スタッフ:太陽光発電とオール電化を入れて感じたこと、変わったことはありましたか? Oさん:当然ですが、ガス代が無くなりました。うちは両親と同居していて、子供も2人いる大家族なので、ガス代は毎月かなりかかっていたのですが、それが0になったということはそれだけの化石燃料を使わなくなったということで。微弱ながらも温暖化に貢献できているなと毎月感じられますね。
Nさんは9年前に太陽光発電システムを導入されました。2019年問題の該当者です。 そして今回蓄電池の依頼を頂き、設置させていただきましたので、設置までの背景を含めてお話をお聞きしました。 スタッフ:一番のきっかけは何でしたでしょうか? Nさん:北海道胆振東部地震です。 スタッフ:確かに今回の台風21号の停電に加え、北海道胆振東部地震の大規模停電後の蓄電池の問い合わせ件数は非常に多く、皆さんの関心の強さを感じました。 Nさん:実は妻の実家が北海道なんです。 スタッフ:えっ!?ご親族の皆さんはご無事だったんですか? Nさん:幸い大事には至らなかったのですが、地震直後に一度連絡が取れて無事は確認できたものの、あまり長く話も出来ないまま、以降数日間音信不通になってしまって。 スタッフ:そうなんですか。それは不安な時間をお過ごしになりましたね。

以前、太陽光発電システムの導入でお世話になり、その後蓄電池のご要望も頂いた大阪府にお住いのAさん。 この度、台風21号の被害が大きかったため、念のためということで太陽光発電システムの点検をさせていただきました。その際のお客様の声をご紹介させていただきます。 スタッフ:太陽光発電システムに影響はなく、問題なく稼働していますね。それにしても、台風21号は本当に凄まじかったですね。風で車が横転していたり、街路樹がなぎ倒されていたのは衝撃的でしたね。 Aさん:そうですね。風で家屋が振動するというのは初めての経験でした。設置してある太陽光発電のモジュールが飛ばないか、飛んで行ったモジュールがあちこちにぶつかって被害を拡大しないかが一番心配だったけど、何事もなかったようで良かったです。しっかり設置をしていただいたおかげです。
太陽光発電を売電だけではなく、「貯めて」「自宅で使用」出来るようにしてくれる蓄電池。 そして、蓄電池の開発や進化により最もメリットを発揮する場面は、災害時や停電時になりつつあります。災害大国といわれる日本において、自然災害は他人事ではありません。毎年のように地震や台風などの被害を受け続けており、まさに明日は我が身です。もともと2019年問題によって注目を浴びていた蓄電池ですが、災害時や停電時の「もしも」の時に力を発揮するタイプの蓄電池も開発されてきています。ただ、太陽光発電や蓄電池は専門用語や普段見慣れない単位が多く、正直ピンとこないという方も多いはず。ここでは「分かりやすい」をテーマに解説したいと思います。 スマートスターLがまさに「もしも」の時の救世主 貯めておける電力が少なければ、使用できる電気は少しだけ。当然容量が多ければ多いほど長時間使用することが出来ます。

災害大国といわれる日本に私たちは住んでいます。近年でも毎年地震や洪水、火山の噴火など災害は後を絶ちません。災害がニュースを賑わす度、備えをしておかなければと思いつつ日々の生活にその気持ちが薄れていってしまう・・・そんな方も多いと思います。 とはいえ、明日は我が身。災害はいつ私たちの身に降りかかってくるかはわからないですよね。 ひとたび災害が起こると、私たちの生活にも甚大な影響が及びます。身の安全が確保出来た後は、電気やガス、水道などのライフラインの確保が重要になってきます。が、一旦止まってしまうと普及を待つ以外になくなってしまうのが電気やガス、水道。 太陽光発電と蓄電池はそんなライフラインの確保をします。 電気が止まっても蓄電池があればためている電気を使えます。スマホで安否の連絡を取ったり情報収集をすることも。冬の震災の場合は暖をとることも。冷蔵庫が止まらないので食料も傷んでしまうことがありません。
太陽光発電のことをインターネットなどで調べていると「2019年問題」という言葉をよく目にすると思います。2019年にどんな問題がふりかかってくるのでしょうか? 結論から言うと、これから太陽光発電の導入を検討している方にとっては2019年になっても何も問題はありません。ですが、導入後は先々ご自身にかかわってくることですので、理解をしておきましょう。 「売電」のことは太陽光発電の導入をお考えの方ならご存知ですよね?余剰電力の買い取り制度が始まったのが2009年11月のこと。余剰電力買取制度(現在は固定価格買取制度に移行されています)は太陽光発電を設置した年の売電価格がその後10年間固定になるというものです。そう、2009年に太陽光発電を設置した方にとっては2018年いっぱいで固定価格の期間が終わるのです。 ところが、電力を買い取っている電力会社はいずれも2019年以降の対応を未定としています。そして一番の問題点は固定価格買取期間終了後の売電価格の想定額が当初24円kw/hだったのですが、実際には11円kw/h程度に下がると言われています。これが2019年問題です。

太陽光発電は、設置してしまえば誰しもが必ず太陽の恩恵を受けることができる、環境にもお財布にもエコなシステムです。設置のため ◇人件費を安くすることはできるの? できます。ただ、「人件費を安くする=工事の質が悪い」ではせっかく太陽光発電を導入してもその後のトラブルや修理にコストがかさみ、結局高い買い物になってしまったり、長期間発電するためにはその後のアフターフォローも必要。それがないのでは意味がないですよね。では、工事の質は高く、しっかりとしたアフターフォローもあってなおかつ安く・・・そんな都合の良いワガママが実現可能なんです!SORAエネでは、下請けの業者に外注せず、すべて自社施工で工事を行っています。過去の販売実績と経験が豊富な自社施工の業者が強い責任感を持って工事にあたることにより、しっかりとした施工とアフターフォローはもちろん、間に別業者を通さないため中間マージンが発生せず、「質」と「お値打ち」を両立しています。
一般的には少なくとも20年以上は稼働すると言われています。 太陽光システムの設置費用は、太陽光発電だけ(蓄電池システムやIHクッキングヒーター、電気給湯器などを導入しない)の場合では、かかる費用はモジュール(屋根に設置する太陽光発電のパネル)の費用と工事費のみになります。 モジュールの価格は発電量(kw)により変動します。たくさん発電できる=価格が上がると覚えておけば大丈夫ですが、低予算に抑えようとして発電量が少ないと売電収入が得られない可能性もあります。 設置する屋根の面積や形状、角度や方位によっても変わるため、それぞれのご家庭のライフスタイル・電気の使い方や売電収入についてのシュミレーションも含めて検討する事をおすすめします。 ソラエネでは、専門のアドバイザーが無料でお見積りを取らせていただいております。 ご質問など、お気軽にお問い合わせください。

太陽光発電について調べていると、「電気代0」という言葉を目にすることが度々あるかと思います。 しかし、太陽光発電で電気代を0にすることは本当に可能なのでしょうか。 実は、電気代を0にするどころか、プラスにすることも難しくはないのです。 一般的に、1世帯の1日当たりの電力消費量は10kw前後だといわれます。 つまり、その消費量を上回るほどの電力を太陽光発電で作ることができれば、電気代を実質0にすることが可能だといえるのです。 住宅用太陽光発電の設備が生産する電力量は、設置している太陽電池モジュールの種類や量、天候などによって家庭ごとに異なりますが、平均20kw前後だといわれています。 それを踏まえて考えると、太陽光発電を活用することにより、かかる電気代を実質0にすることは十分可能だということがわかります。 ここで注意してもらいたいのが、「実質0」という表現です。この表現には、夜間にかかる電気代が関係しています。 太陽光発電ができない夜間は、電力会社からの電力を購入しているという家庭も多いかと思います。そのような場合は夜間分の電気代がどうしても発生するのです。
太陽光発電はこの10年ほどで急速に普及してきました。そのため、太陽光発電の販売業者も年々増加しています。 しかし、そういった業者の中には、高額な費用の請求をしたり不十分な施工を行う悪徳業者も存在します。 悪徳業者を避けてしっかりと対応をしてくれる業者を選ぶには、いくつかの判断基準を知っておくことが重要です。 ◇自社施工を行っているか  自社施工とは、太陽光発電の販売から工事まで、すべてを自社で行う販売形態のことです。これに対し、販売と工事を別々の会社で行う形態を、外注施工と呼びます。太陽光発電においては外注施工が一般的ではありますが、実は自社施工のほうがメリットが多いのです。  自社施工の業者は外注施工の業者よりも、強い責任感を持って工事を行うので、安心して任せられます。  また、販売会社を介さないためマージンがかからず、安い金額で施工してもらうことができます。  さらに、アフターサービスも充実しており、施工後も安心というメリットもあります。

ソラエネ_安心の保証と低価格_愛知県・名古屋市・岐阜県・三重県・東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・大阪府・兵庫県・岡山県・広島県・福岡県

無料のお見積り・お問い合わせ

TEL:0120-96-3389

※電話受付:午前10時〜午後8時

土日祝OK定休日なし

※タップで電話がかかります。

太陽光発電・蓄電池の設置の無料お見積り|ソラエネ_安心の保証と低価格



ソラエネ_安心の保証と低価格_愛知県・名古屋市・岐阜県・三重県・東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・大阪府・兵庫県・岡山県・広島県・福岡県

サイト運営会社:愛知県名古屋市昭和区滝子町27-6 株式会社ROMA